営業

会社の窓口でもあり、出口にも直結する”営業”について。

営業マンというと、色々な業種の会社で活躍していて、忙しく、ストレスも多く抱えている人たち、というイメージはありませんか?

人と会う機会も多く、営業次第では折角つくった商品やサービスが世に出回ることもできないといったことにも直結してしまう、成果が重要なお仕事です。

営業、という業種は求人情報をみてみても、求めている企業は多くあるため、転職先の候補としても上がりやすいお仕事になります。
もちろんどの仕事も大変なのですが、営業というのはどのような仕事になるのか、もう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

営業とはどういう仕事でどんなスキルが必要なのか?

まず言えることは「営業がいるから会社の商品、サービスを売ることができている」ということからもわかるように、この部署の成績いかんで会社の業績は大きく変わってきてしまいます。

社内でのやり取りはもちろんですが、社外でのやり取りというのもとても重要で、かなり高めのヒューマンスキルも求められてきます。
その為、多くの営業マンはストレスをより多く抱えることも多く、そのストレスをどうやって発散するのかといったことも重要になってきます。
ストレスを少しでも貯めない為には、やはり成績を上げる、これは見逃せないポイントになってきますね。
売れる営業マンとなるために必要だといわれているのは、「人が好き」「前向き」「好奇心」です。

お客様と会話をし、気持ちよく商談を進めさせていただけるかどうかには、ただ「話が好き」ということだけでは無理なのだそうです。
また、常に数字に追われ、時には高いノルマ、目標を掲げざるを得ない状況に陥りがちな職業ですから、それに立ち向かっているだけの精神力も必要だということなのでしょう。

関連ページ:営業の求人|外資系企業への転職・求人はISSコンサルティング