秘書・アシスタント・通翻訳

通訳・翻訳のお仕事について。

最近では、外資系企業も多く進出している日本ですが、他国とビジネスでやり取りをするという日本企業も多くなっています。
その為、通訳や翻訳の求人というのも多くなっているようですね。
海外の資料を日本語に翻訳したり、その逆をおこなったり、また実際の会話や電話などの応対、通訳といったお仕事には、もちろん外国語の知識が必要です。
その為、保有している資格を重視される求人もあります。
日本の企業が海外での活躍をする、その渡し船となる職業ですから、やりがいもあります。

秘書・アシスタントのお仕事について。

秘書、アシスタントというお仕事については説明するまでもなく、大部分の方が何をしているのか想像はつくかもしれません。
それだけ多くの(特に女性の)憧れを持っている方がいるという事なのかもしれません。

実際の仕事内容というのは、知られている以上に細かく、忙しいものでもあるそうです。

たとえば社長秘書の場合、社長のスケジュールの管理はもちろん、調整も行い、社長に対しての連絡も必要です。必要があればお茶も出したり、身の回りの細かい作業を行うということで、細かな気配りも求められるお仕事です。
社長が自分の仕事に集中できるように、その他のことを支える”縁の下の力持ち”といったほうが近いかも知れません。
なんとなく”華やかな仕事”というイメージもありますが、そればかりではないのですね。

中には、”秘書”というものを勘違いした上司についてしまってお悩みになっていらっしゃる方もいるようです。
どこまでが秘書の仕事として受け入れていいものなのかどうか、ということを判断する知識も持っておくとよいのかもしれません。

関連ページ:秘書・アシスタント・通翻訳の求人|外資系企業への転職・求人はISSコンサルティング